.

自己破産の申立てを実行しても裁判所から家庭にダイレクトに電話がかかるなどということは考えられません。75-10-109

したがって、親族には秘密が明らかになってしまわないように破産の手続きできないとは申しません。75-6-109

ですが実際のところ自己破産申請を申し込むときに同じ屋根の下に住む親族の給料をつまびらかにする書面や銀行の通帳のコピー等といった証明書類の提出を要求されるようなこともありますし債権をもつ取引先から家庭へ事実関係の報告などがなされることがままありますので家庭に知られてしまわないように自己破産手続きが実行できるという100%の保証は望めないと思われます。75-8-109

確信犯的に知らせずにしておいて後になって発覚してしまうよりは本当のことを打ち明けて家庭の方々全員で自己破産申請を行う方がよいでしょう。うつ病 治療 旅行

また、異なった場所に住む親族に関しては破産の申告を行ったことが露見してしまうなどといったことはまずないといえます。75-4-109

妻あるいは夫の債務をなくすことを目的として離縁することを考えるカップルもいるようですが実際は、婚姻関係を結んだ間柄であるとしてもまず書類上の連帯保証人という立場になってしまっていないということであれば法律的な強制力はありません。75-17-109

ただし保証の名義人であるならばもし離縁することを行っても保証人としての義務に関しては残存すると認められるため法的な支払義務があります。75-11-109

つまり離婚届の提出を実行するからといって債務の法律上の支払義務が失われるということは考えられません。75-20-109

ところで往々にして貸し手が自己破産申請者の家族に支払いの催促を行ってしまうような場合もありますが、連帯保証人または保証人という立場になっていないケースであれば親と子供や弟と兄など親族間の債務に関して当人以外の家族や親族に法律上の支払義務はあり得ません。75-19-109

実は、貸し手が法的な支払い義務背負っていない家族の方に対して支払いの催促を実行することは貸金業関係の法律を参照する上での行政の事務取り決めの中で禁じられており支払の請求の実施方法によっては支払の請求の取り決めに違うこともあります。75-5-109

なので法的な支払い義務が存在しないにも関わらず自己破産申請者の家庭が取立てを不当に受けたという事実が存在するのであれあば、借入先に向け取立てを止めるよう警告する内容証明を送ると良いでしょう。

よく借りた人がいたたまれないからと考えて本人以外の家族や親類が借りたお金を代わりとして返済するような話もありますが借金を持つ本人恵まれた境遇に甘えていつまで経っても多額の借金を繰り返すことがよくあります。

という訳ですから、債務者本人のことを斟酌したら酷かもしれませんが債務者本人の力によって貸与されたお金を返済させるかそういったことが非現実的であれば自己破産の申立てを行わせる方が借り手本人の人生を考える上では良いと思われるのです。

Copyright (c) 2000 www.dnyomusic.com All Rights Reserved.