.

自動車を売却する場合、車の売却時も印鑑証明が必要になります。

この印鑑証明というものについて解説しましょう。

印鑑証明というのはその印鑑が実印で間違いないということを証明する目的を持つ公式な書類です。

印鑑証明がないと、その印鑑について実印として効力を持つことが保証できません。

決して小さくない商談になる車両の売却ですのでどうしても実印が必要になりますが、それと同時にこの印鑑証明も出てきます。

この印鑑証明を発行するためには、まずは印鑑証明しなければなりません。

印鑑証明書に登録する印鑑は実印と呼ばれていて、世界で唯一のはんこでなくてはなりません。

この実印を準備してお近くの市役所などの取次ぎ所に行くことで、印鑑登録できます。

手続きが済むと印鑑登録カードというものがもらえて、登録が完了した印は実印になったということになります。

印鑑証明書を交付してもらうためには、市町村役場の担当部署で専用の書類に必要事項を記載して、印鑑登録カードを持参するだけでできます。

それから、自動交付機を使って印鑑証明を発行する事が可能です。

印鑑証明そのものには有効期限はありません。

なのでいつの印鑑証明であろうが印鑑証明としての効力は続くということです。

ですがクルマ売却の際は、必要となる印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。

基本的には有効期限の定めはありませんが、中古車の売却の際は業者側が必須となる有効期限を教えてくれるので、仮に愛車の売却を検討しているのならば、はじめに準備しておく必要があります。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.dnyomusic.com All Rights Reserved.