.

自己破産の際持っている借り入れに関し保証人がいる場合には早い段階で話しておいた方が良いです。浅田真央 速報

ふたたび、強調させていただきますが、ほかに保証人がいるときは、自己破産手続きをする前によくよく検討するべきです。レモンもつ鍋

その理由はあなたが破産手続きを出して受理されると補償する立場の人があなたが借りた返済義務をすべて背負うことになるからです。バイタルアンサー

ですので、自己破産手続き以前にあなたの保証人に経緯や現状について説明しつつ、お詫びをしておかなければならないでしょう。

それは保証人の立場から見ると不可欠なことです。

あなた自身が破産申告することによって、結果的に数百万もの支払い義務が発生することになるのですから。

そうなると、以後の保証人になってくれた人の考慮する手順は以下の4つになります。

一つめは、保証人が「全部返金する」というものです。

保証人である人がいきなり高額な債務をいともなく完済できるといったような現金を持っていれば、この方法を取ることが可能です。

そういう場合はむしろあえて破産宣告せずに保証人である人に立て替えてもらいこれからは保証人に月々返済していくという選択肢もあると思います。

保証人がもし債務者と信頼関係にある場合はある程度完済期間を長くしてもらうことも問題ないかもしれません。

またいっしょに返済できなくても業者も相談で分割による支払いに応じてくれるかもしれません。

あなたの保証人に破産宣告をされてしまうと貸金が一円も手に入らないリスクを負うことになるからです。

また保証人が返済額を代わりに背負う経済力がないなら、借金したまた同じく何らかの方法による債務の整理を選ばなくてはなりません。

続く選択肢は「任意整理」です。

この場合貸した側と話すことで、だいたい5年ほどの期間内で完済をめざす方法になります。

弁護士にお願いする際の費用の相場は1社につき4万円ほど。

合計7社から契約がある場合28万円いります。

もちろん貸した側との示談は自分でやってしまうこともできないことはないですが債務処理に関する知識がない素人の場合相手側があなたにとってデメリットの多いプランを出してくるので気を付けた方がいいでしょう。

ただ、任意整理で処理する場合もその保証人に借り入れを立て替えさせることになるのですから、借りた本人はたとえ少しずつでもその人に返していくべきでしょう。

3つめですがその保証人も借金した人といっしょに「破産を申し立てる」場合です。

保証人である人もあなたと同様に破産すればあなたの保証人の債務も消滅します。

ただし、保証人である人がマンション等を持っている場合はそのものを取り上げられますし、資格制限のある仕事をしているのであるならば影響があります。

その場合は、個人再生という制度を利用できます。

最後の4つめの選択肢は「個人再生制度を使う」ようにします。

不動産を残したまま借金の整理を望む場合や破産申し立てでは資格に影響する職についている場合に検討していただきたいのが個人再生という制度です。

この手段なら、自分の住宅は処分が求められませんし、破産申し立ての場合のような職種制限資格に影響する制限等は一切ありません。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.dnyomusic.com All Rights Reserved.