.

お買い物もクレジットカードを使用するのみで保険が付く:クレカに付帯されているショッピング保険は、クレカでモノを決済するとそのモノに付いてくる保険。入手したそれらの物が損傷を受けたり、強盗にあったなどの場合この保険がその被害額を軽減してくれます。一部商品等付帯保険が使用できないジャンルもありますが普段からクレジットカードを使うようにして支払いをするだけで購入保険が付帯するわけなので機会を見つけてカードを携帯して購入するようにしてください。おそらく、突然にそれら困った問題が生じてしまった際に、こういった保険が付帯していたことを感動する機会があるでしょう。カードに盗難保険があるので心配せずクレジットカードを持ち歩ける◆盗難保険は日本各地で提供されている一部を除き9割以上のカードにパッケージされている保険。注意せず、カードを財布ごと落としてしまったり偽造されたトラブルなどの際にできた損失をこの盗難保険が力を貸してくれるんです。クレジットカードは現金を使うよりもとても不安からなぁというイメージを思い浮かべてる方々は多いかもしれませんがこの盗難保険がある以上、カードは心配のない決済方法だと結論付けるのが自然でしょう。カード付帯の盗難保険は加入申し出などは全く必要ないことから、日頃からクレジットカードで支払ってもらうといいでしょう(身に覚えのない使用履歴等発生時にコールセンターに電話をかければ処理してもらえる)。カスタマイズされた付帯保険も選び放題△ほかにも、ブランドによって各種さまざまな補償内容や項目オプションが選べるので加入の際に詳細をクレカのカスタマーセンター聞いてみるのがお勧めです。例をあげてみると、・シートベルト保険(安全ベルトを付けているときに事故にあえばあたる)・スポーツ傷害保険(スポーツをしているときに他人に怪我をさせてしまった時にあたる)・ゴルファー保険(アルバトロスやスイングしたクラブで他人を怪我させた場合などに該当)・クレジットセイバー保険(カード使用者が死亡したり、重度の障害を負った等の状況の際に利用額を免除する)等、いろいろなものがそろっています。例にあげたもの以外にもWEBで検索すればカスタマイズされた内容のものも少なくないことを考えると読者に使いやすいカード保険を調べてみても、マイカード選びには意味のある選び方なのではないでしょうか。

Copyright (c) 2000 www.dnyomusic.com All Rights Reserved.