.

店舗で全部のクレカが使えるのでもありません。■カード会社の契約店は大抵、多くのクレカサービスと契約しているわけですが、残念ながらみなの契約店舗であらゆるタイプのクレカが使用できるわけでもありません。例をあげれば古いタイプのお店の場合だとJCBの入ったカードしか使用できない場合もあるし今日日の商店の場合VISAやマスターといったロゴのついているクレジットカードしか使えない場面もあります。銀聯に類するクレカならもっと決済不可な状況が増えるんじゃないでしょうか。何のロゴのカードが決済可能かというのをいかにして確かめたら良いか「それじゃどのようにしてどのロゴのクレカが使用可能かというのを判断するといいものか?」といってみても、確実に理解するにはそこの誰かにお見せしてみるしかないていうのが実のところ正解。でもけっこうの数の店やフードコートには店舗の目につきやすいところとかに使用できるカードのロゴがプリントされているステッカーが貼り付けられているんで「そうなんだこの店舗ではVISAカードが決済可能なんだ」といった感じで迷わないようになってるから頭に入れておいてください。とはいっても、しっかり確認が出来ていない加盟店の場合には、印が掲げられているお店でも「今は××カードは使えません」といったような回答をもらうなんてこともないわけでもなく、途方に暮れてしまうこともなくもないです。贅沢をいえばできる限りは全ての加盟店でクレカが決済できるようにするために、異なる会社(インターナショナルな会社)が入っている一般的なVASA、マスターカードJCB、ダイナーズアメックス、といったクレカを2、3枚申し込んでおくようにするとよいと思います(例えば:VISAカードをいつも使っているなら銀聯カード付帯のカードを持つなど)。特に国内使用のみなら、VISA、MasterCard、JCBの3つのロゴが入っているカードをいつも財布に入れておけば、間違いなくほとんどの加盟店舗でどれかしらのカードを使用するよう準備万端というわけです。クレジットカードを契約して効率よくカードライフを続けていくには、言うまでもないが上記のクレカを所有しておいて損はないと思います。

Copyright (c) 2000 www.dnyomusic.com All Rights Reserved.