.

破産宣告にあたって債務に対し保証人が存在するときにはあらかじめ話をしておくべきです。再度、強調しておきますが、借金に保証人が存在する場合は、自己破産手続き以前によくよく考えなければいけません。というのはあなた自身が自己破産をして受理されると保証人になっている人があなたが借りた負債を全部かぶることになってしまうからです。やはり、自己破産前に保証人となる人に今までの内容やおかれた現状を説明しつつ、お詫びをしておかなくてはいけないでしょう。保証してくれる人からすれば当たり前です。みなさんが破産宣告することにより、強制的に数百万もの負債がふりかかることになるのですから。それからの保証人となる人の取るべき手段は以下の4つです。一つめはあなたの保証人が「全額弁済する」という手段です。その保証人がすぐに何百万ものお金を苦労することなく返すことができるほどのキャッシュを用意していればこれが可能になります。そういう場合はむしろ、あえて破産申告せずに保証人にお金を貸してもらって、あなたは保証人である人に月々の返済するという形も取れるかと思われます。保証人が信頼関係にある場合は、ある程度弁済期間を繰り延べてもらうことも問題ないかもしれません。いっぽうまとめて返すことができなくても金融業者も相談で分割での返済に応じる場合も多いです。保証人にも破産申告を実行されるとカネが一銭も返ってこないことになるからです。また保証人が債務者のカネを全部立て替える財力がない場合は、あなたと同じように債務整理を選ばなければなりません。続く選択肢は「任意整理をする」ことです。この手順では貸方と相談することによって、5年ほどのあいだで完済をめざす形を取ります。弁護士事務所にお願いするにあたってのかかる費用は債権1件につき4万円ほど。全部で7社からの債務があるとしたらおよそ28万円必要です。当然債権者との話し合いは自分でやることもできますが法律や交渉の経験や知識がない方だと債権者が確実に有利な条件を出してくるので気を付ける必要があります。それに、任意整理を選択するとしたとしてもその保証人にカネを払ってもらうことを意味するのですから、借金をしたあなたはたとえ少しずつでも保証人に返していく必要があるでしょう。続いて3つめはあなたの保証人も債権者と同じように「自己破産をする」ということです。あなたの保証人も借金した人と同様に破産を申し立てれば、保証人となっている人の返済義務もなくなります。ただし、あなたの保証人が株式などを持っている場合は価値のある資産を没収されてしまいますし司法書士等の業界にいる場合は影響を受けます。個人再生による手続きを活用するといいでしょう。では4つめですが「個人再生を利用する」こともできます。戸建て住宅などを処分せず債務整理をする場合や、破産申し立てでは資格に影響する職業に従事している場合に選択できるのが個人再生による処理です。この処理の場合自分の家は処分しなくてもよいですし、破産申し立てのような職種の制限資格に影響する制限が何もありません。

Copyright (c) 2000 www.dnyomusic.com All Rights Reserved.